映画

日々の徒然
『今夜すきやきだよ』がすばらしい件について

今テレビ東京系で放映中の『今夜すきやきだよ』が僕の界隈であまり話題になっていないのがちょっと残念なので書いておきます。 ・Tver『今夜すきやきだよ』 この番組の枠はもともと『孤独のグルメ』が放映されており、メタ的には松 […]

続きを読む
映画
『緑の牢獄』

都城にある唯一の映画館「CINEPORT都城」にて『緑の牢獄』を鑑賞。先日観た『minamata』よりも好感が持てた。 『minamata』は、ジョニーディップ主演ということで脚色(それが必要最低限だと判断したのだとして […]

続きを読む
キリスト教
トランプ旋風の中で映画『沈黙』を観る−弱い者として生きる苦しみ

米トランプ大統領が、テロ対策の名目で中東・アフリカ7カ国からの入国を一時禁止したという嫌なニュースが届く。世界の終わりはこんな風にグズグズしながら、なさけなくやってくるのだろうか、と思った。 - このタイミングで、どうし […]

続きを読む
日々の徒然
『この世界の片隅に』ですずさんを苦しめたものの正体

苦しい時・貧しいときの経験は、とかく明るく語られがちである。苦しい時代を終えた人々は、多少なりとも美談として苦しかった時代の話を再構築するのだろうと思う。ただその一方で、美談もまた話者の率直な感想なのだろうとも思う。実際 […]

続きを読む
日々の徒然
シン・ゴジラと家族

チェンマイのシネコンで今話題の『シン・ゴジラ』をやっと観ることができた。 すでに多くの批評がネットには上がっているようで、それらの一つ一つに反論するほどの余力がない。また特に宮台真司(http://realsound.j […]

続きを読む
フィールドノート
ナウシカ的学生とユパ様的教員

原発廃炉関係の仕事を終え少々複雑な気分で午後を迎えています。「原子力発電所を廃炉にするための人材育成」の鳥瞰図を書く仕事でした。 「モノを作る」学生を育てるはずだった高専で、「解体する」ための仕事をする人材を育成する、と […]

続きを読む
日々の徒然
Robin Williamsの訃報に接して

昨日昼にRobin Williamsの訃報が届いた。ただただ悲しい。 このタイミングでしか書けないことなのですが、僕が教員になるにあたって理想の教師像としていたのは映画『Dead Poet Society』(直訳では「死 […]

続きを読む
日々の徒然
『風立ちぬ』で語られなかったもの

妻とスタジオジブリの新作『風立ちぬ』を観た。 率直な感想として、商業的には成功しないのではないかと思った。ファミリー向けではないこともあるが、それ以上に「優しくない」と思った。もちろんよい意味で。 「堀越二郎と堀辰雄に敬 […]

続きを読む
日々の徒然
「なーんてね」・・・告白

宮崎セントラルシネマにて『告白』を見る。 『告白』といえば、僕の場合は自分のクリスチャンネームにもなった信仰の原点でもあるアウグスティヌスの『告白』、大学時代に知り、以降僕の思想生活のベースとなっているルソーの『告白』と […]

続きを読む
日々の徒然
『Ray』

川崎の病院で治療して貰う。注射が大変痛い(T-T)・・・なんて書くと子どもみたいだが、でもインフルエンザの予防接種の比じゃなく直接神経に注射針が入っているようでずきずきくる。 こういうときは本当にへこむ。何も考えられなく […]

続きを読む
日々の徒然
『タッチ・オブ・スパイス』

なんだかなぁという一日。 朝目が覚めて、いつものように愛用の富士通LOOXを立ち上げると、黒板を爪でひっかいたような音がして、ハードディスクが昇天する。去年の10月に評判の悪い富士通製からIBM製へと換装したばかりだった […]

続きを読む
日々の徒然
『きみに読む物語』

いつものリハビリの帰りに『きみに読む物語』を観る。 ストーリーそのものは、はじめの10分ぐらいでエンディングまで容易に想像がついてしまうような単純なもの。だがとにかくよかった。いつの時代もシンプルな恋愛物語は美しいのだと […]

続きを読む
日々の徒然
トラジ+ハイジ『ファンタスティポ』

映画『ファンタスティポ』に登場するトラジ(国分太一)とハイジ(堂本剛)のユニットによる「ファンタスティポ」をたまたま「うたばん」で観る。知り合いのJさんのブログからトラジ+ハイジについて(特に堂本剛について)語ってもらっ […]

続きを読む
日々の徒然
江國香織版『東京タワー』

中原教会でミサ。その後自宅へ戻り処理すべき作業を黙々とこなす。 夕方になり、水性ペンを使い切ってしまったため、文房具屋と本屋にでかける。そこで昨日気になった江國香織の『東京タワー』をみかけ、立ち読みする。ぱらぱらとめくっ […]

続きを読む
日々の徒然
『パッチギ』と『東京タワー』

土曜恒例のリハビリ。火曜日の大学院からずっと体調が崩れっぱなし。疲れているときは左足が痛む。その左足を改善するためにリハビリに向かうのだが、なかなかおっくうだ。病気はともかく、「動かないという状態」だけでも少しは改善でき […]

続きを読む
日々の徒然
『スーパーサイズ・ミー』

川崎シネチッタにてやっとのことで「スーパーサイズ・ミー」を観る。「僕の彼女を紹介します」と異なり、評判に偽りなくえらいことおもしろい。 映画そのものは「人間は、マクドナルド製品(劇中では「マック食」)だけを1ヶ月食べ続け […]

続きを読む
日々の徒然
『インストール』

土曜恒例のリハビリのため川崎に。冬に入り、右手ばかりではなく、左足も少々引きずるようになってしまう。それにともないリハビリも少々過酷なものに。落ち込まないといったら嘘で、リハビリの度にやはりへこむ。 --- そのせいもあ […]

続きを読む
日々の徒然
某会合

家庭教師をお休みさせて頂いて、某会の忘年会&クリスマスパーティーに出席。ご縁があって某「○○太鼓」の演舞を観る。どうもこういう「旧字体」「集団演技」というものに嫌悪感を感じてしまう。『声に出して読む日本語』などと同じよう […]

続きを読む
日々の徒然
『隠し剣 鬼の爪』

昨日、あれほどつらかった体も、食事が効いたのか、薬が効いたのか、とにかく動けるようになる。午前二時に起床。たっぷり寝たので、眠気がまるでない。 「あ、体中の血が動きたがっている」と気づく。駄々をこねる自分の体に引っぱられ […]

続きを読む
日々の徒然
『オペラ座の怪人』/川崎の不快人

三田キャンパス-東京-勉強会-リハビリという大忙しの一日。 つらいリハビリの後は「お約束」の映画館で、今日のご褒美は『オペラ座の怪人』(<公式サイトはやたらとフラッシュが重いです)。 やはり『オペラ座の怪人』と言えばあの […]

続きを読む