資料整理

ただただ、村の部屋でのんびり過ごす。前日のインタノン行きが身体に耐えられなかったこともあり、部屋で資料整理。と思ったがこんな時に限って停電。幸いに、乾電池で使える機械を持ってきていたからいいものの(I先生、返す返すもありがとうございます)、仕事のほとんどがストップ。というわけで、昨日に続けて遊ぶ。激しい運動は無理なので、子供達と凧を上げて遊ぶ。インタノン山ほどじゃないけれど、標高1,400メートルのこの山も、空に近い。青い空に吸い込まれる白い凧を見ながらのんびりと時間を過ごす。

途中村で唯一のタイ人であるヌン君(幼稚園の先生)と話す。村を去ることに決めたそうだ。痛風がひどくこの急な山道を歩けなくなったことと、もっといい職を探すのだそう。

都城工業高等専門学校准教授(法学)

関連記事

  1. 阿部謹也自伝

Latest Article

  1. 観光人類学のフィールドワーク
PAGE TOP