歳と病

あまりオープンにするべき話でもないのですが、仕事の付き合いの方が多いので簡単に報告いたします。結論を先に言うと
・更年期障害と診断されました。
・これから仕事をセーブします。全ての忘年会・新年会には参加できなくなりました。不義理なことをいたしますがお許しください。
この数週間ほど手の関節が痛く、全体的に熱さを感じ痛さが取れずにいました。知人の皆様はご存じの通り、当方は右手に障害があるため、冬の神経症の痛みだとばかり思っていました。しかし、今回は睡眠の質が低下していることと、また体全体の重さが抜けないことで気になり、先週近くの病院で診察してもらったところ、症状として更年期障害を疑われました。その時行った血液検査の結果が、本日でたのですが通常男性の半分以下とのことで更年期障害と正式に診断されました。手が熱くなるように感じる現象はホットフラッシュって言うんですね。無知でした。
コロナ下ではありますが、忘年会や新年会などで結構お誘い受ける季節なのですが、このような事情でして、現在服用している入眠剤の関係で、しばらくはお酒の付き合いができません。
幸か不幸か僕の場合は、体の不調はでているものの鬱症状はでていないため、まぁ見た目は普通通りのはずです(が、いわれてみれば少し「落ち着いて」いるかもしれません)。人付き合いが悪くなったかのように思われるかもしれませんが、どうかご理解ください。
しばらくは男性ホルモンの値が元に戻るまでは、静かに生活したいと思います。残業もなるべくせずに、就業時間で帰宅するようにしたいと思います。学生のみなさんには放課後の相談などで十分に対応できなくなりますが、どうかお許しください。
入院が必要なレベルではなく、長期的に向かい合おうと思います。
とりいそぎですが。

都城工業高等専門学校准教授(法学)

関連記事

Latest Article

  1. 観光人類学のフィールドワーク
PAGE TOP