奈良の事件

くたくたになって帰宅(22:00)し、自宅のラジオのスイッチをひねる。我が家ではテレビを置かないようにしているので、テレビの音声をラジオで聴くようにしているのだ。

たまたま前日チューニングを会わせていた「報道ステーション」がつながり、本日のニュースを聴く。流れていたのはあの奈良の事件の裁判が始まったとのことで、検察側の冒頭陳述が流れた。

・・・聴いていてとてもつらい心持ちになる内容だった。

内容をここで蒸し返すつもりはさらさら無いのだが、人間が人間を道具としてみない、ということがこんなに陰惨な事件を生み出すのだ。

ただ自分が一時の快楽を得るために他者を殺して良いと思う発想そのものは、僕らの周りにも形を変えて存在する。ニンゲンという生き物の残虐さを思う。

都城工業高等専門学校准教授(法学)

関連記事

Latest Article

  1. HP16C

    2021.10.17

    HP-16C
  2. 墨子

    2021.09.15

    『墨子』
PAGE TOP