友人を見送る

夕方、チェンマイ駅にてノイを見送る。さすがに子供達の多くは、昼過ぎまで起きてこない。僕はと言うと、ダウンした(踊り疲れた)スタッフの変わりに市場へのトラックの運転。夕刻が近づくに連れて、子供達はみなしんみりとしてくる。出発の前にはもうほとんどの子供達が半泣き。とても優しい風景。

僕もそのまま、チェンマイから一時的にバンコクに戻る。コンピュータ、ビデオカメラ、一眼レフといった機材をとりにバンコクに戻ることと、各種事務手続きのため。次に来るときは、こっちにしばらくステイすることになる。がんばらな。

富山大学学術研究部教育研究推進系准教授

関連記事

Latest Article

  1. 2023.01.29

    人の繋がり
  2. 2023.01.28

    富山三田会
  3. 2023.01.22

    大雪の準備
  4. 2023.01.15

    日々の練習
  5. 2023.01.11

    Something Great
PAGE TOP