SFCゲットだぜ!!だけど・・・

2週間ぶりに再び機上の人に。

昨晩は組合の忘年会ということもあり1時まで鯨飲・泥酔というパターンで、朝7:55という飛行機をチョイスしたことを少し反省しつつもなんとか空港に到着するが、体調は絶不調のまま。とにかく飛行機にのらなきゃ、、、というところでハタと「お土産を買っていない」ことに気づく。

スイマセン(T-T)本当に。

これから東洋大学で学会。今回は先生方の発表を聞いて自分の糧にするため、ひたすら耳をダンボのように、鼻をピノキオのようにして聞かなきゃ。

ところで今年は飛行機にたくさん乗る機会があり、とうとう、というか今回の出張でANAマイレージのプラチナメンバーになることに。アメリカからかえってきた段階で、「ひょっとすると」と思っていたのだが、今回の出張でどうやら1年間の搭乗マイルが50,000マイルを超えるらしい。てなわけでSuper Fryers Cardが発券されるとかで、ここでもSFCと変な縁ができてしまった。(※SFCは愛憎混じってあまりある(涙)「母校」慶應湘南藤沢キャンパスの略称)

ただ以前もこの日記に書いたのだが、空港での無駄な時間を座って快適に過ごすことが出来るというのは本当にありがたい。今まで主に利用していたクレジットカード用のラウンジはネット環境とそのロケーションなどがちょっと難があり、第二ターミナルでも南ウィングから出発するときにもウィングの中を延々と移動して北ウィングに設置されているラウンジを使わなくてはならず閉口していた。また現在利用している宮崎空港ではカードラウンジがなくANAのカードラウンジしかないため、出張先で提出しなくてはならない書類を一般席で作成することも多く、ノートパソコンをそこかしこで開くことができずちょっと苦労していた。たかがラウンジ、されどラウンジで仕事を進める上では本当に助かる。また以前一度だけ利用したタイ航空のビジネスクラスラウンジのように海外線でシャワーが空港内で使えるのも旅行が続くとかなり嬉しい。今年アメリカで乗り継いで移動したときは、24時間ちかく座りっぱなしで、汗っかきの僕は自分の汗の臭いに参ってしまって一刻も早くシャワーを浴びたくてしょうがなかった。いやー、本当に助かる。

と、ここまで書いて読み返し、ふと「カードがもらえることに喜んでいる俺ってなにもんだ」という心の声のツッコミが入る。かんがえてみれば、こんなに多く仕事をするというのもまともな感覚が麻痺してしまっているような気がする。だいたいラウンジで仕事ができることを喜ぶ以前に、冷静に仕事を減らす努力をするべきだし「もっとほかにすることはなかったのか/仕事セーブしろよ>俺(T-T)」というのが正しい感覚のような気がする。

12月に入り今年の総括をする時期だが、今年一年飛行機に乗った回数に現れるようにたくさん仕事をしたご褒美みたいなものなんだとは思うものの、素直に喜ぶべきなんだろうか・・・。どうもSFCにはあまりいい思い出は持てないみたい。

とはいえ今年は仕事が多いよい一年であり、嬉しいことがたくさんあったが、来年は仕事を減らして充実した一年になればよいなぁ。できたらSFCカードを利用せずにすむ一年というのが一番いいのだが。

関連記事

Latest Article

  1. 2018.05.20

    終の棲家
PAGE TOP