Picture Dictionary

数年ぶりにバンコクのKinokuniya Booksに行き、辞書やタイ語関係の教材を探す。ずいぶんと長い間来ていなかったので、いろいろと面白い発見が。
1枚目〜3枚目はOxford Picture Dictionary(OPD)のSecond Edition。このシリーズは、各国語で翻訳されており、タイ語版もその一つ。以前のFirst Editionは入手していたのですが、ラオスの学生に渡してそれ以来僕の手元にはないままでした。日常生活で利用する言葉、例えば食品、会話、動作といったものをタイ語で記しているほか、「裁判制度」や自動車の部品、コンピュータの中身といったものも一覧できるようになっており、見るだけで単語がわかるという素晴らしい辞典です。
4枚目から6枚目はそのタイ語バージョンとでもいうべきもので、タイ語話者が英語を学ぶときに利用するPicture Dictionaryです。OPDで世界各地で必要となる言葉について図版入りで理解した後、タイ独特の言葉(野菜・果物など)を学ぶという具合に相互に補うと相当の言葉をカバーできそうです。
もっともこういう書籍に手を出してみようと思ったのは、話題となった斎藤淳先生の『世界の非ネイティブエリートがやっている英語勉強法』に書かれていたことを踏まえてのことで、僕自身のアイデアではありません。OPDのほうは705バーツ。タイ語のほうは199バーツです。参考までに。

関連記事

  1. 4年建築学科の学生の作品

Latest Article

  1. 2018.05.20

    終の棲家
PAGE TOP