NtsiabZooとしての初めての朝

NtsiabZooとしての初めての朝。だが、実は体調を思いっきり崩してしまい、急遽下山。そしてチェンマイ・ラム病院へ、もう10回目になる入院。すっかり顔なじみになった病棟の看護婦さんと再会。「また来たの?」、、、ええ、返す言葉が見つからない。昨日食べたキノコがまずかったのか、でもそのほかにも生の豚の血で作るラープを食べたから、それが問題だったのかも。今まで体験したことのない手足のしびれに加え、激しい腹痛と下痢。こうしてタイプできるのが嘘のよう。

大学、村の次に対の留学生活でお世話になった病院ともこれでお別れ(のはず)。感謝。

富山大学学術研究部教育研究推進系准教授

関連記事

Latest Article

  1. 2022.11.24

    晩秋
  2. 2022.11.18

    救い
PAGE TOP