タイのカトリック教会

タイ滞在者のために

タイにやってきて、いろいろ困ったことがあるのですが、その中でも特に困ったのが教会のことです。週に一度のミサはもちろん、ゆるしの秘蹟、病者の塗油など、カトリック教徒としては「もしもの時」の心配もあるわけです。まあ、そういう方は、すでになんらかの形で教会に関わっていらっしゃるでしょうから以下の情報はあまり意味がないかもしれません。

ただ、神のお導きがあり、日本で洗礼をうけた兄弟姉妹のみなさんが、もし、教会になんらかの理由で通っていないのでしたら、ぜひ教会に顔を出されてはどうかと思います。タイ語が不得意でも、英語のミサも開催されていますし、日本人会も活動していて、そこでは日本語がわかる神父様やシスターもたまにいらっしゃいます。タイの教会に来て新たな信仰のスタイルに出会うかもしれません。

・・・と、そんなことを言っても、どこに教会があるかわからない、という方も数多くいらっしゃると思います。以下にタイのカトリック教会のリストを載せておりますので、ぜひご活用くださいませ。また、プロテスタントの方もどうぞお気軽に立ち寄られてみて下さい。
近くにカトリックの教会がなく、プロテスタントの教会しかなかったら、そこに顔をだしてみてもいいんじゃないでしょうか。カトリックとプロテスタントの対立の歴史について僕が思うのは、こういう対立も含めすべて神の思し召しなのだろう、ということです。こういう時勢(2001年11月現在、アメリカがアフガンに侵攻中)ですしイスラム教の方々に対し理解を深める一方で、クリスチャン同士の和解を今後深めていく必要を感じています。

事実僕自身もチェンマイに滞在中は、プロテスタントの牧師さんがやっていらっしゃる礼拝に出席しています。

チェンマイ日本語礼拝 日本語ミサ 第3日曜日 10:30
場所:パヤップ大学ケーオ・ナワラット・キャンパス(マコーミック病院向かい)神学部館2階ハムリン礼拝堂

私たちが信じる主は、すべてのことをご存じの方(全知全能の神)です。カトリック?プロテスタント?イスラム教?仏教?そんなことでこだわるのはちっちゃいちっちゃい。そんなことにこだわるのはたぶん一番イエスから遠いのではないかと思います。「共に祈る」、ということ。まずは、そこからスタートです。

タイ旅行者のために

また、長期滞在者ばかりでなく、タイに旅行にこられた方々にとってもこれらの教会をご紹介することは意義深いと思っています。

タイに来られて、その貧富の差の激しさに驚かれた方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。きっと、タイの現実に触れることで、いろんなことを考えた方々も多くいらっしゃると思います。

僕はたまたまカトリックという選択をしましたが、別にプロテスタントの教会でもいいし、ワット(仏教のお寺)でも、そしてホテルの一室でもかまいません。旅行の途中に、単にショッピングでものを買いあさるのではなく、この国に現れている矛盾を考えてもらえたらありがたいです。その矛盾はこのタイという国内の矛盾が現れているのではなく、世界規模で見た矛盾がタイのような東南アジアの国々にのみ現れているという「矛盾」です。

また、「人生に疲れて」タイに来る方もいらっしゃるでしょう。自分の人生を見つめ直したい、自分の今後を考えたい・・・。それも別にプロテスタントの教会でもいいし、ワット(仏教のお寺)でも、そしてホテルの一室でもかまいません。もし、万が一以下に上げる教会のそばを通りかかったときには、軽く立ち寄ってみてください。

この国の持つ矛盾や、生きることに疲れたときに教会は、(プロテスタント教会も、仏教寺院も、モスクも、カトリック教会も)あたたかくあなたをむかえてくれるはずです。

では、タイの教会でお会いしましょう!!

※以下の情報は、私の個人的な調査によるもので、実際の場合とずれがあるかもしれません。スケジュールなど、記載ミスなどを発見されたかたはご一報ください。順次訂正させていただきます。


タイのカトリック教会所在地

バンコク市内


・Assumption
Cathedral
 英語ミサ(日曜のみ)10:00〜 タイ語ミサ
23 Oriental Avenue, New Road, Bangrak, Bangkok 10500
Telephone 02-234-8556
交通手段:BTSサパーンタクシン駅(シーロム線の終点)下車、徒歩15分。チャオプラヤーエクスプレスボート Tha Oriente(ター・オリエンテ:オリエンテ船着き場)下船徒歩1分。オリエンタルホテルの向かいにありますので、タクシーで行かれる方は「オリエンタル」と言えば通じます。

タイで一番大きなカトリック教会で、コロニアル調の建物に囲まれています。建物は典型的なゴチック様式を模しており、2000年に再建されたばかりです。教会の前にはアサンプション大学があり、中の売店でタイの聖書などを購入することができます。タイ語版の世界のベストホテルと名高いオリエンタルホテルや、映画『ビーチ』のロケが行われたペニンシュラホテルに宿泊の際にはぜひ足を運ばれてみてください。

・Holy Redeemer Church 英語ミサ (日)9:45,11:00〜 タイ語ミサ 日本人会
123/19 Ruamrudi Lane, Wireless Road, Bangkok 10500
Telephone 02-252-5097,02-252-9148,02-252-552
交通手段:BTSプロンチット(Plohen
Chit)駅で下車し、徒歩10分。小路(ソイ:Soi Ruamrudi)の入り口からはモトサイ(オートバイタクシー)もでています。「パイ・ボーッ・クリスト」と告げれば、7バーツで、連れて行ってくれます。

この教会には在タイカトリック日本人会があります。タイで奉仕活動をされているSt.阿部を含め、多くの在タイ日本人がお見えになっています。市内中心部にあり、Regentなどの有名ホテルからは一番近いのですが、奥まったところにあるため、観光客の方はあまり訪れないようです。タイのスタイルを多くとり入れた教会で、タイスタイルの建物にタイの仏像のように金箔にかためられたスタイルのイエス像(クリックすると画像が見れます)があります。おすすめは11:00からのミサで、タイ在住でクラブなどで活躍しているフィリピン出身のプロミュージシャンの信徒のみなさんが、聖歌を担当します。喜びにあふれたミサを体験できるはずです。

・St. Louis Church タイ語ミサ
215/2 Sathorn Tai Road, Yannawa, Bangkok 10120
Telephone 02-211-0220

・Rosary Church タイ語ミサ 中国語ミサ(日曜のみ)
1318 Yotha Road, Talad Noi, Bangkok 10100
Telephone 02-234-3346

・Don Bosco Church タイ語ミサ
1643/3 Phetchburi Road, Phyathai, Bangkok 10400
Telephone 02-252-8618,02-252-5426,02-251-0258

・Xavier Hall タイ語ミサ
70/9 Rajvithi Road, Victory Monument, Bangkok 10400
Telephone 02-262-9393-5
BTSアヌンサワリー(Victory Monument)駅下車。戦勝記念塔の東北サイドにあります。BTS沿線からは一番近い教会です。

・Our Lady of Fatima Church タイ語ミサ
Asoke Din Daeng Road, Bangkok 10400
02-245-1039

・Santa Cruz Church タイ語ミサ
112 Thesaban 1 Road, Thonburi, Bangkok 10600
Telephone 02-465-0930

・Conception Church タイ語ミサ
167 Soi Mitrakam, Samsen Road, Bangkok 10300
Telephone 02-243-3617、02-243-0064

・St. Francis Xavier Church タイ語ミサ
Soi Mitrakam, Samsen Road, Bangkok 10300
Telephone 02-243-0060-3

・St. John Church 英語ミサ(日曜のみ) タイ語ミサ
1110 Phanon Yothin Road, Lardphao, Bangkok 10900
Telephone 02-513-4286
交通手段:BTSモーチット駅まで行き、そこから、タクシーで「マーハーウィッタヤーライ・セイントジョーンズ」(St.Johnes University)と告げる。

St.Johnsカレッジが目印。チャトゥチャック公園の先にあり、公共機関ではバスでないときつい。おすすめは、正五角形の形をした聖堂は藤沢教会の様です。この教会にでられてから、チャトゥチャック公園で買い物をして帰る、なんてのには、ちょうどいいロケーションです。


チェンマイ県


・Seven
Foutain Church
 英語ミサ(日)9:30 タイ語(平日)18:00(日)7:30
Thanon Hua Kaeo, Chiang Mai

チェンマイ市内で唯一英語ミサを執り行っているカトリック教会です。チェンマイ大学北門のそばにあり、市内からややはずれているため、少々行きづらいかもしれません。ここの聖歌は、クラシックギターとキーボードで伴奏されます。あたたかい作りの木が要所要所に効果的に使われている教会です。


・Sacred
Heart Cathedral
 タイ語ミサ (平日)19:30(日)6:30,8:30,18:00
225 Chareon Prathet Road, Chiang Mai
Telephone 053-27-1851
交通手段:ソンテウ(チェンマイではシーローデーンと呼ぶほうが一般的です)、またはトゥクトゥクで「ローンリーヤン、プラテート(Pratht学校へ)」と告げる。
The
Empress HotelとChiangmai Plaza Hotelのそばにあり、Chiangmaiのミッションセンターを始め、教会施設がかたまっています。そしてチェンマイに住む山岳民族(ラフ族、アカ族、カレン族)がたくさん集る教会です。この教会は入り口の所に山岳民族が集う教会であることを示すかのように、山岳民族の絵も描かれてあります。こういうふうに、多くの人々の声に教会が応えているのは本当に素晴らしい。タイ語がわからない方でもぜひ訪れてみてください。とても心豊かになる温かい教会です。


・St.
Paul Church
 カレン語ミサ(月-日)
A.Mae Chaem, Chiang Mai

フィールドワーク地から一番近いカトリック教会でして、バスク地方出身の神父様がカレン語でミサをされています。日本でも鹿児島の小さな巡回教会では、ゴザをひいてミサをあげたりしますが、ここもそんな感じで石畳の上にみな座って祈りを捧げます。カレン語で読まれる祈りの言葉は、音楽そのもので聞いていて飽きません。ここを訪れた日本人が過去いたのかどうかもわかりません。でも、仮に行くことがあればどうぞカレン語の祈りに声を傾けてください。


チェンライ県

・Holy Spirit Catholic Center タイ語ミサ
158 Moo 12, A. Mae Suay ChiangRai 57180
この教会は、この近辺に住む山岳民族(ラフ族、アカ族が中心)の子弟に教育を与えるプロジェクトを運営しており、現在40人ほどの山岳民族の子供達が生活しています。チェンマイからチェンライに向かう国道118号線沿いのMae
Suayにあります。いわゆる辺境の地で、チェンライにレンタカーなどで行く場合を除きほとんどの観光客のみなさんには御縁のない教会かもしれません。

関連記事

Latest Article

  1. 2018.05.20

    終の棲家
PAGE TOP