調布で飲んだざんす

就職先からの指示で総合病院で検診。これから長年働くにあたって、健康診断をうけてくるようにとの指示。

そんなわけで実に久しぶりに大学病院を訪れる。普通に健康診断書を書いて貰うのではなく、僕の場合は障害のこともあるので担当医にアポをとって診察してもらうことに。
診察の結果は芳しいものではなかったが、そんなことより体重が70キロをオーバーしていたことのほうがより衝撃的だった。BMI値こそ25をオーバーしていないが、「小太り」の域にはいっていることが判明。今年の春からの体重推移が半端じゃなく、春を基準とすると夏にマイナス15キロ。そこから秋になり春に戻り、冬の現在プラス10キロと混迷する日本経済の株価のように変動が激しい。こういった体重変化は体に大変な負担をかけるのでまずいと医者に注意される。
このところまったくリハビリしていなかったのだが、真剣にとりくまなきゃなぁと反省。

それからひさしぶりに秋葉原を散策し、ラジオデパートでジャンクパーツをあさる。目的のジャンクパーツが見つからず、府中に移動し友人Kと再会し浴びるほど飲む。
蕎麦をつまみつつ、けっこうディープな話をしていたのだが、ふとルームシェアの話がでてくる。聴いてみると彼の職場にほど近い西国分寺から僕の就職先にほど近い中野のあたりまでで探せるのなら互いに多くのメリットがあることが判明。場合によっては3LDKを確保して、それを使い回せそうでコストの面からいっても、精神的にも僕にとっては願ったり叶ったり。物件探しの幅もぐーんと広がる。嬉しいなぁ。

関連記事

Latest Article

  1. 2018.05.20

    終の棲家
PAGE TOP