空心菜の葉っぱフライのヤム

バーンサバーイの近くにあるレストランで、今まで食べたことのないヤムに出会う。ヤムとは、タイ風のサラダで、豚肉、鶏肉、イカ、エビといったものを甘酢で和えてあり、使う材料によって呼び名が変わる。なかには「ヤム・マーマー」という、マーマーというトムヤムクン味の即席麺(日本で言うところの出前一丁のような袋のタイプ)をつかったものもあり、タイ料理の中でも、「タイらしい」いい加減さを表出している料理でもある。
本日食べたヤムは(名前を失念したのだが「バーイマーイ・パックブーン・トート・ヤム」かな、と)、「空心菜の葉っぱフライのヤム」で、今まで食べたことがない旨さ。一緒にテーブルを囲んだHさんと「美味しい」の連呼。そしてビールがすすむすすむ。同席したIさんによれば、なかなかこのメニューを置いているレストランはないそう。こんなタイ料理があるなんて知らなかった。レシピを覚えて日本で作らなくては。

 

関連記事

Latest Article

PAGE TOP