無題

引っ越しの荷物を受け取りにファランポーン駅に向かう。チェンマイーバンコク間の荷物の移動が350キロだったのだが、それがたったの1,000バーツで移動できた。

荷物をなんとか部屋に搬入し一段落。充実感いっぱいであったが、その夜に高校時代からの友人の訃報が届く。祖父のときもだが、こういうときにタイからだと最後の挨拶もできない。引越祝いのつもりで飲むはずだった酒をゆっくりと2つのグラスについで飲む。また会わん。

関連記事

Latest Article

  1. 2018.05.20

    終の棲家
PAGE TOP