感謝

続けて大掃除と原稿書きに費やした一日。日本に送ることのできないもののうち、引取先がきまったものをお渡しする。慣れ親しんだ本棚も椅子も今日まで。感謝感謝。

夕食は慶應からやってきた指導教官ご夫妻と、タイの友人Kさん一家、そして友人のTさん、慶應の後輩と一緒にとる。タイ語が上達したと褒められ、ちょっと嬉しい。村の中で人々の中でもまれたのが良かったようで、北タイ方言も交えつつお話しをする。日本に帰ったら、タイ語を話す機会は激減するだろうし、レベルも下がるんだろうなと思う。モン語ももっと体系的に勉強したかったなぁ。

富山大学学術研究部教育研究推進系准教授

関連記事

  1. Barton Horn

Latest Article

  1. 2022.11.24

    晩秋
  2. 2022.11.18

    救い
PAGE TOP