後悔していない・・・たぶん

上京する。Twitterで書いたとおり今回は観劇がメインでの上京ということで、我ながら「俺こんなことができるようになったんだ」と少し感動する。こんな贅沢旅行なんて、そうそうできるものではないので、オサイフのひもを締めなきゃ・・・と思いつつ羽田に降り立つ。

が、一日目にしてすでに挫折。羽田に到着して早々に地方のトロンボニストにとって「伏魔殿」とでもいうべき蒲田のシアズに寄ってしまう。いや、もともと口唇ヘルペスで悩まされていたこともあって刺激の少ない金メッキマウスピースを購入するつもりだったのだ。ベストブラス社のマウスピースがすばらしく良い出来だそうで、前回の出張の際に試奏もしており、とにかくドイツ管用のスモールシャンクだけ一本分は購入しようと思っていた・・・のだが・・・。

気がつくと二本のマウスピースを握りしめている自分に気づく。アルト用のマウスピースの試奏もついしてしまって、おまけにCONNのB管付きアルトの鳴りがすごくてついつい衝動買い。でもってお店の方といろいろお話をしていたら・・・

やってしまいました。試しに吹かせていただいた中古のドイツ管が素晴らしくてとうとう購入してしまうことに。名前は書けないんですが某有名オケの某先生のご指導によるセッティングだそう。K&HというDAXCなどで新品で購入すると50万円前後する商品。ベルの部分のメッキがはがしてあり、加えてドイツ管なんだけれどもスライドポジションがアメリカ管と同じということもあってすごく吹きやすい。

まいった。「試しに吹く」なんて大失敗だ。

というわけで気がつくとこの旅行で最も高いお買い物に。

はっはっは。ええ、後悔なんてまったくしていませんが何か?

関連記事

Latest Article

  1. 2018.05.20

    終の棲家
PAGE TOP