学会発表

学会で発表。今回のメインイベントであるが、体調は最悪。何が最悪かというと、昨晩のレセプションからずっと飲みっぱなし。ホテルの宿舎そばにある屋台のおじちゃん達に声をかけられ、ついついごちそうになってしまい、気が付くと午前様の帰宅。

そんなこんなで迎えた発表なのだが、おかげさまで好評のうちに(<と、自分だけが思っているかもしれんが)おえることができた。感謝感謝である。やはりテーマがテーマだけに、あまり扱っている人がいないのだろうと思ったり(一応今回の発表のPDFファイルを作りました。)

そんなわけで、「お、結構やるなぁ」と思いながらうきうきしつつ、M君との待ち合わせに向かったのだが、途中の地下鉄の階段で足を踏み外す。い、イタイ。こういう調子のいいときこそ、しっかり気を引き締めてがんばらないといかんといういい教訓になった。うむ。

M君と3年ぶりの再会。うどんを美々卯で食べる。彼とのつきあいの中で初めて「酒をのみつつ歓談」ということをする。互いに年をとったなぁ。

関連記事

  1. 阿部謹也自伝

Latest Article

PAGE TOP