夜行列車

チェンマイへと夜行列車で向かう。途中ドンムーアン空港駅でBRJを去り実家に帰ったKhun Noiと短い、ほんの1分ほどの再会。興奮して泣き出した彼女が差し出したのは、干し肉の包み。BRJの子供たちに食べさせてくれと言う。Noiの生活が苦しいことを知っていた僕は、それだけでもう胸がいっぱいになる。
自分の一週間分の給料ほどの干し肉を携えて僕に会いに来る。マザーテレサの「貧しい人ほど思いやり・支え合いの精神がある」といった言葉を想い出す。本当にそうだ。

都城工業高等専門学校准教授(法学)

関連記事

Latest Article

  1. 『チェ・ゲバラ モーターサイクル南米旅行日記』
  2. 実行結果

    2022.01.13

    『python1年生』
  3. 正月の「和ラーメン」

    2022.01.9

    和ラーメン
PAGE TOP