チェンマイ日本語礼拝

チェンマイ日本語礼拝のクリスマス会。山から降りてきて参加。ヤオ族の村に入っているA牧師と知り合いになる。すでにカレン族のコミュニティに入っているO先生、とヤオ、カレン、そしてモンと山地民族の言語に堪能な日本人が集うまれなコミュニティに。

まだ1日で、チェンマイ市内にはまだクリスマスの雰囲気は見あたらない。友人からもらったメールで、日本のほうはすっかりクリスマスに染まっているのを知る。そうだよなぁ。そろそろマライアキャリーやワムが街頭で聞こえはじめる季節だ。そして、とても切なくなる季節だ。

関連記事

Latest Article

PAGE TOP